夫婦の共有名義にした方よい場合の家族構成やライフプラン

マイホームの購入予算を高めたり相続税対策に

マイホームを購入するにあたり、夫婦の共有名義にするのか、どちらかの単独名義にした方が良いのか悩むケースは非常に多いものです。
このような場合には、家族構成や今後のライフプランをよく考えた上で、自分たちに見合った方を選ぶ必要があります。
夫婦の共有名義にした方が良い例としては、まず第一にマイホームの購入予算を高めたいケースが挙げられます。
マイホームを購入する事は、ライフプランの中でも何千万円という大きなお金が動く一大イベントに当たります。
一生に一度の買い物なので妥協せずにこだわりたいと思っていたとしても、単独名義の場合には、借りられる住宅ローンの資金には限界があります。
これでは希望通りの家を購入できない可能性も出てくることでしょう。
借り入れ金額に余裕を持ちたい、購入予算を高めたいのであれば、夫婦共有名義にした方が、夫婦2人の収入が基準になるので、借り入れ金額の上限を上げることができるのです。

また先のことを考えて相続税対策を行いたい時にも有効です。
夫婦共有名義にすることで、亡くなった配偶者どちらか一方だけの持ち分が遺産になるので、相続税の負担が軽くなります。

夫婦共有名義には注意点もある


夫婦共有名義でマイホームを購入することには、今後のライフプランや家族構成を考えた上でも当然良い選択肢の一つには当たりますが、万が一のことを考えて注意点を把握しておくことも大切です。
その一つに挙げられることが、例えば子供を授かる等において、将来的に共働き状態でなくなると想定されるケースです。
購入する際には夫婦共有名義で住宅ローンを組んだけれども、出産や子育てにおいて妻の収入が落ちローンの返済ができずに赤字になるケースがよく聞くケースです。
マイホームを購入した時はこれからも2人で一生懸命に働いていこうと考えていても、どちらか一方が働けなくなると、大きな金銭的負担がのしかかります。
共働き状態でなくなることが今後予想される場合には、単独名義で組んだほうが無難と言えるでしょう。
名義人の収入だけで借り入れ金額が審査されることから、使えるお金は減ってしまうかもしれませんが、将来的なリスクを大幅に軽減することが可能です。

まとめ

夫婦で不動産を購入するにあたり、共有名義にするのか単独名義にするのかを悩む人は多く見られます。
これらのことからわかるように共有名義にすることによって借りられるローンの金額が上がるものの、妊娠や出産、転職など様々な理由でどちらが一方でも収入が減ると、ローンの負担は大きくのしかかることになります。
将来のライフプランや家族構成等についてもよく考えた上で、共有名義にするのかを決める必要があります。
借り入れ額や権利など考える事はたくさんあるため、自分たちにどちらが適しているのかを決めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。